〒387-0007 長野県千曲市大字屋代435-5
(しなの鉄道 屋代駅から車で5分)

お気軽にお問合せください

営業時間:8:00~17:00
定休日:日曜・祝日・第2土曜・第4土曜

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

026-272-0754

長野県千曲市:土木・建築工事、左官・タイル工事は
株式会社 武田組

株式会社 武田組のホームページへようこそ。

当社は、千曲市を中心に、土木・建築工事、左官工事(壁・土蔵の修復)、タイル工事、解体工事などをご提供しております。どうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください。

当社の3つの特徴

地域に根ざし、愛され、信頼される総合建設会社

当社は創業明治5年、「地域に根ざし、地域に愛され、地域に信頼される会社」を目指して取り組んでまいりました。民間工事から公共工事にわたり数多くのお仕事をさせて頂いております。

身の回りの小さなことから多岐にわたるお悩みへのご相談

水が出にくい、塗装が色あせてしまった、雨水が流れにくい、駐車場の舗装をしたい、玄関先をコンクリートにしたい、物置きを片付けたい…などの、生活の身近な問題に対応しております。

独自のネットワークで多工種にわたり対応可能です

一つの現場におけるお客様との会話の中で、その現場以外の不自由やお悩みがございましたら、それに応じた工事のご提供も可能です。独自のネットワークを駆使し、素早く対応させていただきます。

株式会社 武田組はこんな会社です!

株式会社 武田組のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

ー地域の皆様から愛され、信頼される総合建設会社としてー

 当社は「信頼」と「実績」と「行動力」を基に、明治5年4月に左官業として創業し、昭和35年に総合建設業として法人組織に改組して以来、着実に業績を積み重ね今日に至っております。

 敗戦後、日本は復興を合言葉に必死に今の豊かな日本を作り上げてきました。私ども建設業界もインフラ整備を主に著しく業績を伸ばしてまいりましたが、昨今はバブル崩壊・リーマンショックによる世界金融危機を受け、建設業界はドン底に近い状況に追い込まれました。

 しかし頭を抱えていても状況は変わりません。自分たちのしてきた仕事に自信と誇りを持ち、クライアントのニーズにいち早く応える行動力を基に、ひとつひとつ確実に、地に足をつけた仕事をしてまいりたいと存じます。

 社員一同、「優しい街づくり」をモットーに地域に貢献すべく努力してまいりますので、皆様のご指導・ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 なお、現在管理技術者、現場作業員さんを募集しております。問合せページよりお気軽にご相談ください。

<主な対応地域>千曲市・長野市・上田市

サービスのご案内

生活に関る建物のご相談

生活空間全般に関る悩み事のご相談に応じます。例えば、部屋の内装に汚れが目立つようになってきたので新しくしたい、車の駐車スペースを作りたい・・・などお気軽にご相談ください。

左官工事

近年、住宅の内装はサイディングが主流となり、昔ながらの塗り壁や漆喰壁などは少なくなっていますが、日本家屋・土蔵の修復なども当社にお任せください。

宅地造成

当社は市内外で多くの宅地造成工事を手掛けてまいりました。そのノウハウと経験を生かした、使いやすい土地の活用をご提案させていただきます。

お知らせ

2020/2/11
 長野県SDGs登録認定証交付式の様子をアップしました。
2019/11/22
見てみて!武田組」ページを追加しました。
2019/6/24
採用情報」ページを追加しました。
2019/3/1
ホームページを開設しました。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

026-272-0754

■営業時間
8:00~17:00
■定休日
日曜・祝日・第2土曜・第4土曜

収穫の秋…に思うこと。

 毎年9月末から10月にかけて、近くの田んぼでは稲刈りが行われます。コンバインの音や作業する人の声が聞こえ、いつもとは違う活気・賑やかさを感じます。
 収穫が終わった後の田んぼからは、それとは対照的な不思議な静けさと「今年も無事にお米が実った!」という安堵感を感じるのは私だけでしょうか。
 
  稲は、実れば実るほどその穂先に重みが増して、地面に向かってしなっていきます。
「実るほど 頭を垂れる稲穂かな」
………深いなぁと思います。
 何カ月も風雨や暑さにじっと耐え、人々のお腹を満たしてくれるまでに育ったお米。その凄さをひけらかすことなく、頭を下げる謙虚さ。
育つ過程には、多くの人々の手も入りますよね。もちろん、自分だけで育ったのではないことを「稲」は知っていると思います。
 
 自分もそうありたい。育つには多くの方にお世話になっていることを忘れず、成長した自分に満足することなく、奢ることなく、謙虚に頭を下げたい。
…そんなふうに考えさせられます。